ここから本文です

治療用装具は医療保険制度が適用になります

コルセット、サポーターなど、医師の診断により治療用装具を作る場合、その装具代金は医療保険制度の適用対象となります。医療保険制度には、全国健康保険協会(協会けんぽ)国民健康保険、各共済組合、船員保険などさまざまあり、自己負担率にも差異があります。

例えば「全国健康保険協会(協会けんぽ)(義務教育就学後~70歳未満)」の方の場合は、自己負担金が3割、残り7割は医療保険で支払われます。
代金はいったん弊社へ全額お支払いただきますが、その後、各医療保険窓口に申請手続きをしていただくことで7割分が戻ってきます。

関連リンク